サステナビリティ
~人が夢を持って暮らせる社会に向かって~

人・夢・技術グル ープは、人々の安心安全を守り、快適で夢の持てる社会の創造を目指しています。
私たちは、Environment:環境、Social:社会、Governance:ガバナンス、CSVやSDGsへの取り組みを強化し、様々な得意分野を持つ企業と密接に連携して新たな社会を実現してまいります。
そのための、3つの事業軸と海外展開領域を定めています。

ESGへの取り組み

ESGへの取り組みは私たちの事業活動と不可分です。法令を順守し、人権や文化を尊重しかつ地球環境に配慮することは、収益性を阻害するものではなく、むしろ長期的に高めていくものです。

社会的価値と経済的価値の追求
CSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)

私たちは企業市民の一員として、これまで企業の社会的な責任を果たすべくCSR(Corporate Social Responsibility)に取り組んできました。一方で、企業経営においては、社会や環境を意識した経営戦略こそが中長期的な企業価値向上につながるとも言われています。こうした中で、ハーバード大学のマイケル・ポーター教授は、2011年に経済的価値と社会的価値の双方を追求する活動こそが企業経営の本質だとして、CSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)を提唱しました。すでに多くのグローバル企業で取り入れられており、「より良い社会を実現する」という理想を掲げる人・夢・技術グループでも、新たな価値創造に向け、その取り組みを推進していきます。
具体的な取り組みについては、事業会社のホームページもご覧ください。

持続可能な開発目標
SDGs(Sustainable Development Goals)

人・夢・技術グループの使命と目標は、SDGsそのものです。
今、国境を越えた地球規模の課題が深刻化し、その解決が求められています。国連では2015年、先進国・途上国すべての国を対象に、経済・社会・環境の3つの側面のバランスが取れた社会を目指す世界共通の目標として、SDGs(持続可能な開発目標)を採択しました。貧困や飢餓、水や保健、教育、医療、言論の自由やジェンダーなど、人々が人間らしく暮らしていくための社会基盤を2030年までに達成するというものです。
当社を取り巻く経営環境や向かうべき事業フィールドが多様化・複雑化する中、大きな変化にも柔軟に対応しながらインフラ整備を通じて、人々の安全・安心を実現する。それは、人・夢・技術グループの使命です。私たちが世界中でインフラを手がけている最大の目的は、機会の平等をつくり、貧富の差をなくし、平和をもたらすことにあります。人・夢・技術グループは、持続可能な世界を実現するために、SDGsの17の目標すべてを事業領域の中に組み込み、その達成に向けコミットしていきます。

三つの事業軸と海外における展開領域

事業軸Ⅰ国土基盤整備・保全分野

高度なインフラ技術と最先端のIT技術を融合することで、国土基盤を形成するインフラの効率的な維持管理や防災、減災、並びに、Society5.0の社会システムを支える新たなインフラ整備のニーズ等に対応します。また、インフラ運営や維持管理等のサービスプロバイダ事業の強化や新領域への事業拡大を図ります。

  • 1貧困をなくそう
  • 2飢餓をゼロに
  • 3すべての人に健康と福祉を
  • 4質の高い教育をみんなに
  • 5ジェンダー平等を実現しよう
  • 9産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10人や国の不平等をなくそう
  • 11住み続けられるまちづくりを
  • 13気候変動に具体的な対策を
  • 14海の豊かさを守ろう
  • 15陸の豊かさも守ろう
みらいカメラshot-1へ

事業軸Ⅱ環境・新エネルギー分野

環境共生型社会の実現に向け、再生可能エネルギー事業者等へのコンサルティングサービスを提供するとともに、サービスプロバイダとして自らも再生可能エネルギー事業等の環境ビジネスを推進します。また、環境技術とIT技術の融合によるサービスの高度化、並びに、新領域への事業拡大を図ります。

  • 2飢餓をゼロに
  • 3すべての人に健康と福祉を
  • 6安全な水とトイレを世界中に
  • 7エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 9産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11住み続けられるまちづくりを
  • 12つくる責任つかう責任
  • 13気候変動に具体的な対策を
  • 14海の豊かさを守ろう
  • 15陸の豊かさも守ろう
  • 17パートナーシップで目標を達成しよう
みらいカメラshot-2へ

事業軸Ⅲ地域創生分野

スマートシティの実現や地域の活性化及び福祉サービスの充実に向けた計画立案、民間資金やノウハウを活用した施設の設計や運営計画の立案など、次世代のまちづくりのためのコンサルティングサービスを提供します。また、サービスプロバイダとして多様な業種との連携を図り、まちづくりの包括的なサービスを提供します。

  • 1貧困をなくそう
  • 2飢餓をゼロに
  • 3すべての人に健康と福祉を
  • 7エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8働きがいも経済成長も
  • 9産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11住み続けられるまちづくりを
  • 16平和と公平をすべての人に
  • 17パートナーシップで目標を達成しよう
みらいカメラshot-3へ

海外連携展開領域

急速な経済成長を遂げる東南アジア諸国等をターゲットとして、海外拠点再編や事業軸Ⅰ~Ⅲのサービス体制の強化や連携を図ることで、国や地域の特性に応じた地域経済開発支援を推進します。東南アジアを起点として、その他のアジア地域やアフリカ地域への展開を図ります。

  • 1貧困をなくそう
  • 2飢餓をゼロに
  • 3すべての人に健康と福祉を
  • 4質の高い教育をみんなに
  • 5ジェンダー平等を実現しよう
  • 6安全な水とトイレを世界中に
  • 7エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8働きがいも経済成長も
  • 9産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10人や国の不平等をなくそう
  • 11住み続けられるまちづくりを
  • 12つくる責任つかう責任
  • 13気候変動に具体的な対策を
  • 14海の豊かさを守ろう
  • 15陸の豊かさも守ろう
  • 16平和と公平をすべての人に
  • 17パートナーシップで目標を達成しよう